院長室の窓から

新潟県阿賀野市にある脳神経センター阿賀野病院での日々のできごとです。

2017年11月

 第47回日本臨床神経生理学会学術大会が横浜市で開催され、参加してきました。
DSC_2387
 会場はパシフィコ横浜。久しぶりの横浜でした。
DSC_2389
 仕事の都合により1日だけの参加でしたが、久しぶりの参加でしたので、大いに刺激を受けて帰りました。
DSC_2390
 脳波、誘発電位、筋電図、神経伝導検査などの神経生理学的検査は神経疾患を扱う上で欠かせない基本検査ですが、精度の高い検査や所見の正しい解釈は重要であり、奥が深いです。
 画像診断が重視される傾向がありますが、中枢神経系、末梢神経系さらには筋肉の機能を評価する上で、神経生理学的検査は欠くことはできません。
 新潟県は専門医の認定者が少なく、私を含めて6人しかいません。若い人たちの頑張りに期待したいと思います。

 昨夜は医療法人潤生会が運営している県庁前神経内科クリニックの忘年会が月岡温泉で開催され、法人代表として参加してきました。
 せっかくの温泉ですので、宴会前に一風呂楽しみした。
DSC_2392
 硫化水素臭漂うエメラルドグリーンの湯は、日本屈指の硫黄分を含み、新潟を代表する名湯だと思います。
 そして宴会に突入。
DSC_2397
 美味しい料理をいただきながら、楽しく歓談し、親睦を深めました。小林院長のもと、まさますの発展を祈りたいと思います。

 さすがに11月も半ばが過ぎ、寒気の南下により新潟の山沿いは雪となり、積雪になっています。海岸平野部は冷たい雨で、雪にはなっていませんが、次の寒気が南下しますと、平野部でも雪になるとの予報が出ています。
 当地の五頭連峰も、中腹以上が雪で白く覆われました。
DSC_2392
 通勤途中に通る「あがの池」。今朝も白鳥の鳴き声がにぎやかに聞こえていました。
DSC_2395
 湖面には無数の白鳥たち。
DSC_2405
 時刻は7時前。白鳥が一斉に飛び立っていきました。これから周囲の田んぼで落穂をついばむことでしょう。

 今日は天候に恵まれて気温も上がり、過ごしやすい文化の日となりました。気分も晴れやかといきたいところですが、現実世界はいろいろ問題があるのが常でしょう。

DSC_2359x
 今日は、残務処理のために職場に出勤する途中、職場周辺を散策してみました。
 五頭連峰はどこから眺めても好きなのですが、特に東部工業団地の「風の丘」から太陽光発電所越しに見る五頭連峰の山並みが大好きです。
DSC_2365x
 紅葉に染まった山々が日に映えてきれいです。山頂から始まった紅葉も麓に降りて、見頃になっています。...
 そしてここからほど近い「あがの池」。
DSC_2372
 白鳥といえば「瓢湖」ですが、「あがの池」も侮れず、一見の価値ありです。朝晩は数えきれないほどの白鳥で賑わいますが、日中は数羽の白鳥が留守番しているだけです。
DSC_2370zx
 毎朝出勤途中に湖面から飛び立つ白鳥の群れを眺めていますが、日中は田んぼで落穂でも食べていることでしょう。
 最後に職場への近道で通る杉木立。
DSC_2375x
 ここを朝晩通るのですが楽しみです。薄暗さが心を安らげてくれる感じがします。
 そして、職場前の国道290号線横を流れる都辺田川。
DSC_2380
 この川辺まで下りてくる人は少ないでしょうが、この清流には癒されます。

 DSC_2379
 これから晩秋から初冬へ。季節は確実に移ろい、嫌いな冬がやってきます。体調管理に注意して乗り切っていきましょう。

↑このページのトップヘ