院長室の窓から

新潟県阿賀野市にある脳神経センター阿賀野病院での日々のできごとです。

2016年12月

 長い歴史を誇るパーキンソン病の研究会が、西澤教授教授退官とともに一区切りとなり、小野寺教授のもとで新たな研究会として再出発しました。
 その第1回新潟パーキンソン病研究会が新潟大学有壬記念館で開催され、私は記念すべき第1回の一般講演の座長をさせていただきました。
DSC_0923
 一般講演では、新潟大学の特任准教授で、当院の非常勤医師である横関明男先生が、パーキンソン病にみられる認知症についての講演をされました。
 当院の前院長である石川厚先生がまとめられた膨大なデータと知見を新たな観点から紹介するものでした。前院長の石川先生の業績の偉大さを改めて知らしめる講演だったと思います。前任者の業績に恥じないよう、こらからの当院も頑張らねばと再認識しました。
 

 医療法人潤生会は脳神経センター阿賀野病院、介護老人保健施設・阿賀の庄のほか、新潟市中央区で県庁前神経内科クリニックを運営していますが、その忘年会が月岡温泉・華鳳で開催されました。
DSC_0916
 先週開催された病院の忘年会もこの旅館が会場でしたので、2週連続で華鳳を利用したことになります。
 先週は雪なしでしたが、今週は雪が降って積雪となり、忘年会らしい雰囲気となりました。
 月々積み立てたお金で宿泊での忘年会開催となりましたが、時間を気にせずゆっくりできて良かったです。
DSC_0941
 美味しいお料理とお酒をいただき、楽しいひと時を過ごしました。
 もちろん月岡の湯を楽しみました。
DSC_0930
 何度来ても月岡温泉は素晴らしいですね。
DSC_0957
 日本有数の硫黄分を誇る湯は硫化水素臭がたっぷりで、エメラルドグリーンを呈しています。全国に誇りうる新潟の名湯だと思います。

 昨日病院の忘年会が月岡温泉「華鳳」で開催されました。
DSC_0941
 ここは月岡温泉でも最大規模を誇る温泉旅館であり、この日もたくさんの宿泊客で賑わっていました。当院の忘年会は、ここ数年この旅館で開催しており、すっかりとおなじみになりました。
DSC_0901
 私の挨拶のあと、青木副院長の乾杯で開宴し、美味しい料理をいただきました。
DSC_0903
 宴会は福引と病棟対抗の余興で盛り上がり、職員の皆さんと親睦を深め、楽しいひと時を過ごしました。福引の特別賞は「華鳳」のペア宿泊券でした。当選おめでとうございます。
DSC_0910

 宴会終了後に温泉を楽しみました。
DSC_0913
 「華鳳」と姉妹館の「泉慶」は月岡温泉の他の旅館とは別の独自源泉を持ち、「白玉の湯」と称しています。
 泉質は、含硫黄-ナトリウム・塩化物・硫酸塩温泉で、源泉温度43.6℃、ガス性除く成分総計は3545mg/kgです。硫化水素イオンが105.1mg/kg、チオ硫酸イオンが1.3mg/kg、遊離硫化水素が28.9mg/kgと硫黄分を高濃度に含みます。以前の分析よりも若干の低下がありますが、万座温泉に次いで、日本でもトップクラスの硫黄分を誇ります。
DSC_0916
 エメラルドグリーンの湯は硫化水素臭が漂い、ツルスベ感もあって肌に心地良いです。新潟を代表する名湯だと思います。
 入浴の後は二次会に参加。朝は5時に起きて朝風呂を堪能。ゆっくりと、ゆったりと湯に浸かり、心身を癒しました。

 当院に併設され、私が運営に携わらせていただいている特別養護老人ホーム「あがの八雲苑」の忘年会が、昨夜阿賀野市内で開催されました。
DSC_0894
 毎年参加させていただいておりますが、美味しい料理をいただき、職員のみな様と楽しく語らい、有意義なひと時を過ごすことができました。
DSC_0895
 幹事の軽妙な進行による恒例のビンゴ大会が開催されました。たくさんの賞品が用意され、特別賞の「京都高級料亭のおせちセット」をゲットしようと、会場は大いに盛り上がりました。
 これからも職員の親睦を図り、チームワークでより良い介護を提供できるよう努力していきたいと思います。

 12月2日、当院併設の介護老人保健施設「阿賀の庄」の忘年会が咲花温泉「佐取館」にて開催されました。
 例年のこの時期は雪があることが多く、一昨年は大雪だったこともありましたが、今年は雪なしの忘年会でした。   
DSC_0841
 咲花温泉は阿賀野川の岸辺に温泉街があり、その奥に「佐取館」があります。
 宴会前に一風呂浴びたいところでしたが、病院業務の後、開宴ぎりぎりに到着しましたので、そのまま宴会に突入しました。
DSC_0771
 職員の皆様と語らい、楽しい余興もあって盛り上がりました。
DSC_0774
 お酒は控えめにして、終宴後に咲花温泉を楽しませていただきました。
DSC_0779
 泉質は含硫黄-ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉。源泉温度48.3℃。ガス性除く成分総計は1022mg/kgです。硫黄分の多さが特徴であり、県内でも屈指だと思います。
 硫化水素の香りが温泉気分を盛り上げました。月岡温泉と並んで、私が大好きな温泉です。

↑このページのトップヘ