院長室の窓から

新潟県阿賀野市にある脳神経センター阿賀野病院での日々のできごとです。

2016年06月

 当院併設の介護老人保健施設「阿賀の庄」の施設長の近藤崇先生が、本日付で退職されました。
 本日勤務終了後、ささやかな送別セレモニーを執り行いました。
P6300080s
 近藤崇先生は、当院開設間もない昭和55年に当院に副院長として就任され、以後長きに渡り当院の診療を支えられました。
 平成14年10月に、初代院長・秩父政夫先生が急逝された時には、急きょ院長に就任され、苦難な時期を乗り越えることができました。平成18年からは阿賀の庄施設長に就任され、今日に至りますが、病院の診療も兼務されました。
 豊富な臨床経験に基づくお話は大変含蓄に富み、たくさんのことを学ばせていただきました。当院を去られることは誠に寂しいことではありますが、今後は地域医療に貢献されるとのことであり、ますますのご活躍が期待されます。

 長い間、ありがとうございました。

 当院の第2病棟と給食棟の移転新築工事は順調に進み、鉄骨の組み上げ作業が進んでいます。
P6150078
 10月の供用開始を目標に、工事が進められます。間もなく外観が見えてくるものと思います。

 また、これからMRIの入れ替え工事が始まります。工事期間中の代替機の設置が本日行われています。
P6170079
 正面玄関前にコンテナ式の仮設MRIが設置されました。ちょっと不便かもしれませんが、工事期間中はご協力をお願い申し上げます。
 8月からは最新鋭のMRIが稼働しますので、ご期待ください。

 先週、第53回日本リハビリテーション医学会学術集会が、京都市の国立京都国際会館ほかで開催され、私も一部だけでしたが、参加してきました。
DSC_0235
 
研究発表のほか、たくさんの教育講演、シンポジウム、機器展示などがあり、最新の知見について勉強させていただきました。
DSC_0236
 興味深い講演が同時刻に開催されており、どこに行くか悩ましいのが難点でした。
 せっかく京都に行きながら、観光せずにとんぼ返りというのは残念でしたが、行かせていただいただけでもありがたかったです。

↑このページのトップヘ