院長室の窓から

新潟県阿賀野市にある脳神経センター阿賀野病院での日々のできごとです。

2015年09月

 昨日出席した「あがの市民病院」の竣工式の記念品として、「三角だるま」をいただきました。
DSC_1418
 阿賀野市の旧水原地区の民芸品として古くから有名ですが、通常のだるまとは異なり、三角錐の形をしただるまは、全国的にも珍しいものです。
 おどけた表情の中に力強さが感じられる魅力ある人形です。阿賀野市では縁起物として親しまれており、今回の竣工式の記念品にも選ばれたものと思います。阿賀野市の観光のお土産にも最適と思います。

 本日、あがの市民病院の竣工記念式典に来賓としてお招きいただき、参加させていただきました。
DSC_1416
 阿賀野市の水原郷病院の裏に、新病院が建設されました。住宅街の中にあり、国道沿いからは見えず、アクセス道路が狭いのが難点ですが、旧病院が取り壊された後は、周辺の環境整備が進められるものと思います。
 さて、竣工式は、正面玄関前でのテープカットでスタートしました。
DSC_1387
 その後、2階の講堂で記念式典が開催されました。
DSC_1395
 市長や国会議員の先生方、新潟大学教授の挨拶などがあり、式典はつつがなく終了しました。
 その後は院内を見学させていただきました。外来、救急処置室、手術室、中材部門、CT/MRI室、病室等を勝手に回りました。
DSC_1410
DSC_1396
DSC_1398
DSC_1404
DSC_1401
DSC_1400
DSC_1405
 まだ養生中の部分もあり、部分的な見学でしたが、豪華さはないものの、十分な機能が盛り込まれているようです。
 地域医療の拠点として市民からの期待は大きく、単科病院である当院としましても、当院で対応できない疾患の治療や、RI検査等でお世話になることが多く、今後の順調な運営と発展を祈りたいと思います。

 標記の研究会が昨日新潟グランドホテルで開催されました。
DSC_1356
 年2回下越地区の神経内科医が参加する大きな研究会です。
 当院よりは、「トルソー症候群が疑われた1例」を、副院長の青木賢樹先生により発表させていただきました。

↑このページのトップヘ